« 書いてないことはやらないんです ~野田佳彦・街頭演説 | メイン | 脱原発世界会議 2012 YOKOHAMA »

2012年1月15日

日本を実質支配しているモノたち ~手先(役人・政治家)の後ろで糸を引く


金丸邸から金塊が運び出される映像を、これみよがしに流した。
 「こんなに酷いんだのか」と、国民は思い込んだ。
  金丸=悪、とデフォルメされた虚像が脳みそに刷り込まれた。

当時は、これを誰もが鵜呑みにしたに違いない。

が、しかし、これらを不審に思い、異常な事態が進展していることに気づいた人がいた。


551 :無党派さん:2009/12/22(火) 01:13:42 ID:u0LvgYtC
だいぶお目こぼしされているな
『石川県議』森祐喜002『前スレ不審消滅』より
 >● ロッキードで政界に流れた金は55億円。
>検察は、そのうち田中角栄に流れた5億円だけを立件、
残り50億円を受け取った岸信介や清和会は、一切捜査されず。

(田中派)田中角栄 逮捕 ロッキード事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)竹下登  失脚 リクルート事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)金丸信  失脚逮捕 佐川急便献金・脱税 (←東京地検特捜部&国税)
(経世会)中村喜四郎 逮捕   ゼネコン汚職 (←東京地検特捜部)
(経世会)小渕恵三 (急死)(←ミステリー)
(経世会)鈴木宗男 逮捕 斡旋収賄 (←東京地検特捜部)
(経世会)橋本龍太郎 議員辞職 日歯連贈賄事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)小沢一郎  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)
(経世会)二階俊博  西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)

(清和会)岸信介    安泰
(清和会)福田赳夫   安泰
(清和会)安倍晋太郎  安泰
(清和会)森 喜朗    安泰
(清和会)三塚 博   安泰
(清和会)塩川正十郎  安泰
(清和会)小泉純一郎  安泰
(清和会)尾身幸次   安泰

田中良紹氏の国会探検から引用させていただく。
 「政治家の金銭感覚」

リンク↓
tanakoYositugu120112.gif

 


・・・
 ところで陸山会事件を見ていると1992年の東京佐川急便事件を思い出す。金丸自民党副総裁が東京佐川急便から5億円の裏献金を貰ったとして検察が捜査に乗り出した。捜査の結果、献金は「金丸個人」ではなく「政治団体」へのもので参議院選挙用の陣中見舞いである事が分かった。しかも既に時効になっていた。要するに検察が描いたストーリーは間違っていた。

 ところが検察はメディアを使って「金丸悪玉」イメージを流した後で振り上げた拳を下ろせなかった。しかし金丸氏を起訴して裁判になれば大恥をかくのは検察である。検察は窮地に立たされた。そこで検察は取引を要求した。略式起訴の罰金刑を条件に、検察のストーリー通りに献金の宛先を「金丸個人」にし、献金の時期も時効にならないよう変更しろと迫った。「拒否すれば派閥の政治家事務所を次々家宅捜索する」と言って脅した。その時、小沢一郎氏は「裁判で検察と徹底抗戦すべし」と進言した。法務大臣を務めた梶山静六氏は検察との手打ちを薦めた。この対立が自民党分裂のきっかけとなる。

 金丸氏が取引に応じた事で検察は救われた。そして金丸氏は略式起訴の罰金刑になった。しかし何も知らない国民はメディアの「金丸悪玉説」を信じ、余りにも軽い処罰に怒った。怒りは金丸氏よりも検察に向かい、建物にペンキが投げつけられ、検察の威信は地に堕ちた。検察は存亡の危機に立たされ、どうしても金丸氏を逮捕せざるを得なくなった。

 総力を挙げた捜査の結果、翌年に検察は脱税で金丸氏を逮捕した。この脱税容疑にも謎はあるが金丸氏が死亡したため解明されずに終った。世間は検察が「政界のドン」を追い詰め、摘発したように思っているが、当時の検察首脳は「もし小沢一郎氏の主張を取り入れて金丸氏が検察と争う事になっていたら検察は打撃を受けた」と語った。産経新聞のベテラン司法記者宮本雅史氏の著書「歪んだ正義」(情報センター出版局)にはそう書かれてある。

 小沢一郎氏は金丸氏に進言したように自らも裁判で検察と徹底抗戦する道を選んだ。検察は土地取引を巡って小沢氏が用立てた4億円の原資に水谷建設から受け取った違法な裏金が含まれているというストーリーを描き、それを隠すために小沢氏が秘書と共謀して政治資金収支報告書に嘘の記載をしたとしている。それを証明する証拠はこれまでのところ石川知裕元秘書の供述調書しかないが、本人は検事に誘導された供述だとしている。

 その供述調書が証拠採用されるかどうかは2月に決まる。その決定は裁判所が行政権力の側か国民主権の側かのリトマス試験紙になる。そして小沢氏に対する道義的?責任追及も民主主義の側か官主主義の側かを教えてくれるリトマス試験紙になる。

歴代検事総長(戦後)

   謀略の歴史 
福井盛太11946年(昭和21年)06月19日 -  日本プロ野球コミッショナー
佐藤藤佐21950年(昭和25年)07月14日 -  秋田経済大学学長
花井 忠31957年(昭和32年)07月23日 -  弁護士、中央大学教授
清原邦一41959年(昭和34年)05月12日 -  日本プロ野球コミッショナー委員会委員
馬場義續51964年(昭和39年)01月08日 -  弁護士
井本臺吉61967年(昭和42年)11月02日 -  弁護士
竹内壽平71970年(昭和45年)03月31日 -  弁護士、日本プロ野球コミッショナー
大澤一郎81973年(昭和48年)02月02日 -  弁護士
布施 健91975年(昭和50年)01月25日 - 田中角栄逮捕、ロッキード事件弁護士
神谷尚男101977年(昭和52年)03月22日 -  弁護士
辻辰三郎11 1979年(昭和54年)04月17日 - 弁護士
安原美穂121981年(昭和56年)07月23日 -  弁護士、(財)国際研修協力機構理事長、(財)矯正協会会長
江幡修三131983年(昭和58年)12月02日 -  弁護士
伊藤榮樹141985年(昭和60年)12月09日 - 金丸信失脚、逮捕佐川急便献金 
前田 宏151988年(昭和63年)03月24日 - 竹下登失脚、リクルート事件弁護士、(財)矯正協会会長、日本テレビ放送網取締役、アール・エス・シー取締役相談役
筧 榮一161990年(平成02年)05月10日 -  弁護士、(財)国際研修協力機構理事長、(社)日本臓器移植ネットワーク理事長
岡村泰孝171992年(平成04年)05月27日 -  弁護士、(財)国際民商事法センター理事長、トヨタ自動車監査役、三井物産監査役
吉永祐介181993年(平成05年)12月23日 - 中村喜四郎逮捕、ゼネコン汚職事件弁護士、東京海上火災保険監査役、大丸監査役、
ベネッセ監査役
土肥孝治191996年(平成08年)01月16日 -  弁護士、関西電力監査役、積水ハウス監査役、小松製作所監査役、阪急電鉄監査役、阪急阪神ホールディングス監査役、アーバンコーポレイション取締役、カワセコンピュータサプライ監査役
北島敬介201998年(平成10年)06月23日 -  弁護士、(財)矯正協会会長、日本郵船監査役、大和証券グループ本社取締役
原田明夫212001年(平成13年)07月02日 - 橋本龍太郎議員辞職、日歯連贈賄事件
鈴木宗男 逮捕 斡旋収賄
弁護士、住友商事監査役、資生堂監査役、セイコー取締役、東京女子大学理事長、(財)国際民商事法センター理事長、三菱UFJフィナンシャル・グループ取締役
松尾邦弘222004年(平成16年)06月25日 -  弁護士、旭硝子取締役、トヨタ自動車監査役、駿河台大学法科大学院教授、損害保険ジャパン監査役、三井物産監査役
但木敬一232006年(平成18年)07月01日 -  弁護士、森・濱田松本法律事務所客員弁護士、日本生命保険監査役、(財)矯正協会会長、大和証券グループ本社監査役、イオン取締役
樋渡利秋242008年(平成20年)07月01日 - 小沢一郎 西松・陸山会事件
二階俊博も
弁護士、TMI総合法律事務所顧問
大林宏252010年(平成22年)06月17日 - 2 大和証券監査役
笠間治雄26 2010年12月27日 -現在  


投稿者 hal : 2012年1月15日 12:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://c3plamo.ddns.net/cgi-bin/mt-tb.cgi/2625